SSブログ

SFC獲得修行 Day3。 [日常]

なんとか飛びそうです。

昨日から心配だった今日の修行
八丈島といえば、「日本のハワイ」と呼ばれたそうですが、私の脳内では「条件付き運航 or 欠航のメッカ」。
朝、羽田空港へ行くと、いつも「八丈島行きは、ただいま天候調査中...」のアナウンスが流れている気がします...。

羽田に着くと雨はやんでいますが、八丈島との間に前線があるようです。
やはり、「条件付き運航」。

SFC獲得修行 Day3。

自分では結構、運のいい人間だと思っているので、まぁ何とかなるでしょう。

SFC獲得修行 Day3。

機材はA320、佐賀便でおなじみのヤツ。
どうも今日から八丈島でキャンプ大会(?)があるようで、隣の男性(おじさん)はそれの参加者のようです。
(しかし、短パン、サンダルで飛行機に乗るって...、非常時に脱出する時、ケガしそうですが...。)

離陸後はずっと雲の上。
いよいよ着陸...、このまま無事に着陸できればいいのですが...。

SFC獲得修行 Day3。

高度を下げて雲の中へ突入...、しばらく揺れに耐えていると、雲の下に...。
暗いです、街灯が点いています、道を走る車もヘッドライト点灯です。
どんだけ土砂降りなんだよ...。

ただ、先日の対馬空港のように、大きく揺れることもなく着陸。
今日もカバン一つなので、そのまま手荷物受取所はスルー。

空港ビルの写真が撮れるかと外に出てみますが、やはりすごい雨。
外の風景を撮って、くるっとまわって保安検査場へ...。

SFC獲得修行 Day3。

ポケモンのスタンプ(PDF)も押したし、後は搭乗の案内を待つだけ...、あぁ!「島ずし」忘れた!
八丈島名物、島ずし。
是非とも食べたいと思っていたのですが、事前に調べた情報では、保安区域外のレストランで売っているとか...。
もう保安区域に入っちゃったよ...。
八丈島、(少なくても修行では)もう来ることはないだろうしなぁ。
と、少し残念に思いつつ、待合室の売店を見てみると、「島ずし」のビラ。
おばさんに訊いてみると、あるとのこと。
よかった、本日の昼食用に一つ購入です。

SFC獲得修行 Day3。

帰りももちろん同じ飛行機。
さっきよりも若干、弱くなったような気もしますが、相変わらず激しい雨です。

SFC獲得修行 Day3。

帰路(といってもまだ家には帰れませんが)も雲が多いですが、間から海が見えます。

羽田空港に着陸、行きは北ピアの端っこからでしたが、帰ってきたのは反対の南ピアの端っこでした。

次の飛行機は12時発の伊丹行き。

SFC獲得修行 Day3。

展望デッキでさっき買った島寿司を食べようと思っていたのですが、小雨がぱらついています...。
うーん、伊丹行きの「セルフ機内食」にしようか...。
...が、待ちきれずに食べちゃいました。
なるほど、おいしい...。

SFC獲得修行 Day3。

伊丹行きも雲の上。
基本的に富士山が見られる側を予約するのですが、全く見えませんでした...。

SFC獲得修行 Day3。

伊丹空港は今にも雨が降り出しそうな天気。

案の定、展望デッキへ行ってみるとポツポツ雨が。
これで飛行機を眺めて時間をつぶすことは不可能...。
あ、あれを食べよう。
イカ焼きと生ビール、今日のおやつです。

SFC獲得修行 Day3。

飛行機の時間まではまだありますが、外は雨。
早めに保安検査場を通り、搭乗口前のベンチで無線でも聞いています。
展望デッキならグランドやタワーを聞きますが、ここでは実際の飛行機が見えないので、業務無線を聞いて暇をつぶします。
業務無線、グランドホステスさんが腰につけている無線機です。
「○○さん、今どこにいますか?」
「今、××に向かっています。」
という交信とともに後ろを走っていく職員...。
今のが○○さんか...。

さすがに今朝も4時半に起きて、疲れてきました。
飛行機は滑走路32Lを離陸、あ、あれが日本列島の形をした島のある池か...、と意識がうつらうつら...。
しかし、しばらくすると目が覚めてきてしまうのが飛行機バカ...。
帰路(といってもまだまだ家には帰れませんが)も基本的には雲の上、やっぱり富士山は見えませんでした。

SFC獲得修行 Day3。

やっと最後の往復、今度は関西空港まで往復です。
関西空港行きはスターフライヤーとの共同運航便、スターフライヤーの機材なのでA320、去年北九州から乗った飛行機です。
北九州便は第1ターミナルからの発着ですが、関西便は第2ターミナルから。
しかし、飛行機を留めるボーディングブリッジが足りないので、バスで飛行機に向かいます。

SFC獲得修行 Day3。

飛行機は満席。
大きな手荷物を頭上の荷物入れに入れている人を手伝う若い男性が。
ツアーの添乗員にしては、きちっとしたスーツを着ているなと思ったのですが、よく見たら男性CAさんでした。

今日、5レグ目の飛行ですが、やっぱり基本的には雲の上。
地上はほとんど見えませんが、スターフライヤーのA320は個々の座席にモニタが付いていて、現在位置も表示できるので、どのあたりを飛んでいるかわかります。
モニタに表示される現在速度、高度とGPSロガーのとを見比べてみると、速度はほとんど違いません(プラスマイナス1km/h程度)が、高度は300~400mぐらい違います。
測地系の違いでしょうか...?

関西空港へはぐるっと淡路島の上まで遠回りして北側から着陸。
外は真っ暗です。
関西空港唯一の展望スポット、「Sky View」に行きたいと思っていたのですが、少し到着時間が遅れたため、バスを待っているとあまり向こうにいる時間がないので、また次の機会にします...。

さて、何か食べるか...。
今回こそ久しぶりに551の豚まんが食べたいと思っていたのですが、気がつくとトンカツ屋に入って生ビールを注文していました(笑)。

さて、いよいよ本日の最終レグ。
前回と同じANA150便、しかし今日は機材変更なしで、国際線仕様のB767-300ERです。
羽田や関西はデジタル化されており、業務無線は聴けないのでテレビを見ていると、搭乗の時間。
前方の座席なので、のんびり飛行機へ。

SFC獲得修行 Day3。

前回おあずけを食らったビジネスシート、ひ、広い。
普段、国内線普通席しか座っていない身としては広すぎます。
いつも窓側の席を予約するので、すでに通路側の席の人が座っていると、一度立って窓側まで通してもらわないといけませんが、これなら立ってもらわなくても窓側席にたどり着けます。

SFC獲得修行 Day3。

背中に何か当たると思ってみてみると、LEDのパーソナルライト。
あれ、天井の読書灯はどこで点けるのかとスイッチを探すと、あった、ゲーム機のリモコンみたいなヤツに付いているのか。
機内誌「翼の王国」も国際線仕様?
シートベルト着用サインが消えるとすかさずスイッチを操作します。
フットレスト、レッグレスト、アンバーサポート、リクライニング、ヘッドレスト(これは手動ですが)を調整、これは楽ちんです。
羽田までの飛行時間が短いのが惜しい...。
GPSロガーの表示を見ると...、999km/hでストップしています。
(3桁しか表示できないため。)
は、速い...、今日もすっ飛ばしてくれている、これなら帰りのバスは楽に乗れるな。

...が、ビジネスシートに落ち着いてくると、外は真っ暗なので、本を読むぐらいしかすることもなく...。
今日3度目の滑走路34Lへの着陸(笑)。
到着するスポットは...、69番!?今日も端っこだな。
しかし、15分近く早く到着したため、帰りのバスの時間までは余裕たっぷり。

朝の八丈島往復はちょっとハラハラしましたが、無事修行三日目も終了です。
ただ、今回は目的地は違うものの単純に往復を3回繰り返し。
これは結構辛いです。
今日は4レグ目の伊丹-羽田間で、「このまま帰りたい...」と心がくじけそうになりました...。

 便名出発到着機材PP
#1ANA821羽田07:45八丈島08:35A320-200JA203A1,154
#2ANA822八丈島09:05羽田09:50A320-200JA203A1,154
#3ANA023羽田12:00伊丹13:05B767-300JA86691,360
#4ANA030伊丹15:00羽田16:10B777-200JA89681,360
#5ANA3827羽田17:35関西18:50A320-200JA03MC1,360
#6ANA150関西21:20羽田22:30B767-300ERJA609A1,360
※出発・到着時刻は時刻表に表記の時刻で、実際の時刻ではありません。


タグ:SFC獲得修行
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

八丈危うし。稲毛民間航空記念館。 ブログトップ

※コメント欄は敬称略で失礼します。※

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。